仕事が辛い、もう逃げたいと感じる時は逃げていい話 【実体験】

  • 毎朝、職場に行く事を考えると辛くなる
  • 周囲から1年は続けるべきと言わるけど、耐えれそうにない
  • 何でもいいから、ゆっくり休みたい

こういう方向けに、この記事はオススメです。

どうも、コモダ(@ComoDash)です。

 

職場の労働環境が過酷だときついですよね。

 

毎日家に帰ると、ご飯と睡眠だけしか取る時間がない。

 

休日は平日での睡眠不足を補うために、寝るだけ。

 

そしてこの事を周囲に話すと、
  • そんな会社って見抜けなかったのが悪い
  • まだ入社後、数ヶ月でしょ?
  • どこの会社も同じだよ

と、心ない言葉が返ってきて、これ以上なにを頑張ればいいんだよ、、、と感じている人もいると思います。

 

でも安心してください。

 

仕事が辛いなら、逃げ出してもいいです。

 

僕自身、最初の会社を3ヶ月で退職して今はホワイト企業で働いています。

 

なので今回は、仕事が辛い人は明日にでも会社を辞めていい理由を語ります。

この記事を読むメリット

      • 1年未満でも仕事を辞めていい理由が分かる
      • 仕事から逃げ出したらどうなるのか分かる
      • 転職の進め方が分かる

仕事が辛い、もう逃げたいと感じる時は逃げていい話

仕事がつらい、逃げたい人は逃げていい話

 

昔から仕事を辞めようとすると、よく聞く言葉があります。

 

それは、最低でも1年、もしくは3年仕事を続けないといけない、または続けるべき、という言葉です。

 

この言葉は時には、

  • 転職エージェントから言われたり
  • 友人から言われたり
  • ネットでの検索結果で出てきたり

と、いろいろなところで聞く話です。

 

僕も仕事で辛い時、この魔のフレーズに散々悩まされましたが、結局入社後3ヶ月で退職しました。

 

そして、この時の決断に後悔はありませんし、むしろ決断してよかったなと思っています。

 

そしてこの経験から思うのは、仕事が辛いと感じる人は躊躇なく辞めるべきということです。

周囲は自分の労働環境を見ていない

自分の過酷な環境を周囲の友人に相談すると、

  • え、もう辞めるの?まだ数ヶ月でしょ? とか
  • 社会人なんて、そんなもんじゃないの? とか
  • そんな職場って、入る前に分からなかったの?

などと言われて、悩んだり傷つく事があると思います。

 

でも、こういう人たちって過酷な労働環境を経験してない、または経験したけど忘れていて、

 

なおかつ自分の働いている現場を見てないので、どれだけ辛いかが伝わってないんですよね。

 

そんな人達に、いかに自分の環境が辛いかを伝えようとしても、経験がないことはイメージが湧きにくいです。

 

そして辛い気持ちが理解できない人たちは、ダメ出しをしてきます。

 

でもその人達と自分の差は、たまたま入社した会社が求人票に嘘をついていたか、いなかったか、の差ぐらいしかないんですよね。

 

僕が知り合いに相談した時も、

友人1
友人1

そんな会社って事前に見抜けなかったの?3ヶ月で辞めるのは早すぎでしょ

と、言われましたが、その知り合い自身も翌年ブラック企業に就職して半年ぐらいで転職していました。

 

アドバイスする側なんて、こんなものです。

 

大して相手のことを考えずに言っていたり、採用の専門でもないのに言っている事が大半なので、自分の気持ちに素直になるべきです。

1年の就業経験がなくても転職できる

キャリアアドバイザーや、転職エージェントに現状を相談すると、

 

1年以内に仕事を辞めると就職活動で不利になる、と言われる事があります。

 

たしかに数ヶ月での退職経験は、マイナスに捉える会社もあります。

 

しかし退職理由を丁寧な表現方法できちんと伝えられれば、あまり気にしない会社も多いです。

 

また寿命をすり減らして1年耐えても、違う業界に行く場合、その業界知識は無駄になります。

 

そのため今の辛い環境で1年耐えるより、

 

さっさと辞めて次の会社で1年以上勤めてからさらに高待遇な会社へ行くのが、誰でも再現しやすい転職方法だと思います。

 

参考に僕の転職ケースを紹介すると、

  • 1社目を3ヶ月で退職
  • 2社目を1年と5ヶ月で退職
  • 今のホワイト企業へ就職

と、まさしくご紹介した方法で転職に成功しました。

 

2社目で自分の希望に近い会社に就職できれば、万々歳ですし、

 

もし少し期待はずれでも、今の辛い状況よりマシであれば、1年は耐えられそうですよね。

 

疑問に思う人1
疑問に思う人1

在職期間は1年より3年ぐらい勤めた方が評価がよくなったりするの?

年齢が若い人は実務経験より、素直で最低限のビジネスマナーを知っている方が求められるため、在職経験は1年あれば充分です。

 

このように数ヶ月の退職経験で、今後大きく不利になるわけではありません。

身体を壊すデメリットは思ってるより大きい

仕事を数ヶ月で辞める事をネガティブに捉える人がいることを知ると、

 

正当な理由ができれば仕事を辞められる、という思考に無意識になりがちです。

 

そしてたどり着く答えが、病気や怪我です。

 

仕事を頑張りすぎて病気になったから3ヶ月で辞めた、という人を非難する人は少ないでしょう。

 

でも、病気や怪我をするのだけは全力で避けてください

 

その理由は、僕がTwitterでつぶやいています。

これは実体験から感じる事実で、

 

現在の会社への入社後に教えてもらったのですが、採用候補はもう一人、別にいたそうです。

 

もう一人の方は、京都大学出身のエリートです。

 

そしてこの人が不採用となった決め手は、過去にうつ病歴があったためでした。

 

もちろん、これだけが理由ではないですが、持病の有無は就職で不利になる場合もあるということです。

 

あと持病を抱えると、地味に生活の質が下がります。

 

僕自身、常に空腹でも胃が張る体質になってしまい、ひどい時は食欲がなくなるので薬をもらいに行きます。

 

この他にも、寝不足で運転して事故に遭い、首から下が動かなくなった人も知っています。

 

健康を取り戻すために、いくらでもお金を払う人もいるぐらい健康は大切です。

 

事故したいな、病気になりたいな、と感じている人は精神や身体が限界を迎える前に辞めるべきです。

仕事を辞める時のススメ

仕事を辞めるススメ

ここまで記事を読んで、よし仕事辞めよう、となった場合、

 

退職の手続きは、

  1. 退職の意思を伝える
  2. 退職届を渡す
  3. 退職時期を決める
  4. 引き継ぎ(新人はない場合もある)
  5. 有給消化
  6. ○○日付けで退職

といった流れになります。

そこで、退職時に知っておくと役立つことを紹介しておきます。

退職日は先延ばしにしない

退職するにあたって、まずは退職する意思を上司や、自分の教え役などに伝えます。

 

この時、会社や上司によっては、

うちの就業規則だと3ヶ月後だな

とか、言われるかもしれませんが、妥協してはいけません。

悩める人
社員

3ヶ月耐えれば辞められるし、いっか、、、

と流されてしまうと3ヶ月後には、退職がうやむやになっていたり、まだあと3ヶ月、と伸ばされて辞めれないケースが多いからです。

 

僕の友人も、このパターンで1年退職が伸ばされてしまいました。

 

ちなみに労働基準法では、退職の意思表示は退職日の2週間前であれば問題ない、とされています。

 

上司が怖い場合は、退職代行サービスを使う方法もあります。

 

相場は3~5万円ほどで、一切上司に会わずに辞める事ができます。

 

僕の会社でも別部署ですが、退職代行サービスを使っていきなり来なくなった人もいたので、すごく簡単みたいです。

 

僕がよく聞く代表的な会社として SARABA という会社名があります。

人事部があるなら直接言うのもアリ

もし会社に人事部があるなら、上司にバレないように会社の規定を聞いておくのがオススメです。

 

なぜなら劣悪な職場環境を作っている上司というのは、社員が辞めるとなると上司が不利にならないように裏で根回しをする可能性があり、

  • 退職日が遅れたり
  • 有給消化できるのを伝えなかったり
  • 退職理由を人事部に隠蔽したり

する事があります。

 

そのため上司に退職の意思を告げる前に、

  • 社内での退職の手順
  • 退職までの期間の社内規定
  • 有給休暇の有無と日数

ぐらいを確認しておくと、上司との話し合いで不利な立場になる可能性が下がります。

労働基準監督署へ相談する

会社に人事部がなかったり、みんな同じ部屋にいるのでコッソリ相談できない場合、

 

労働基準監督署に、退職の手順を聞いておく方法もあります。

 

サービス残業代を取り返したい、という人も労働基準監督署へ相談してみて必要な証拠を教えてもらえるので、準備して会社と戦う、という方法もあります。

まとめ:辛い時は逃げてもいい

 

ここまで紹介してきた理由のように、辛い時は仕事を辞めても問題ありません。

 

ブラック企業で心身ともにすり減らし続けるより、いい会社へ入るための行動を起こすほうが前向きに頑張れます。

 

世の中には、まともな会社もあるので諦めないでください。

 

ただ、行動をしないと、そのいい会社へは巡り会えません。

 

それでもまだ億劫だと感じる方向けに、ホワイト企業の見分け方もまとめておきました。

 

では、また!