メーカー営業の楽な点と避けるべき会社の特徴 【メーカー営業はオススメです】

・商社営業よりメーカー営業のほうが楽って聞くけど本当かな?

・メーカー営業に興味があるので、どんな感じか知りたい

・メーカー営業でも、しんどいところはないのか気になる

この記事は、こういった悩みを持つ方向けになります。

どうも、コモダです!

営業職はしんどいですよね。

  • 上司からノルマ未達の理由を詰められる
  • 横柄な態度の客に無茶な要求をされる
  • 休みや時間外関係なく電話をされる

といった事は、営業を経験したことがある人なら誰しも通ってきた道だと思います。

こうして現職に疲弊していたところ、メーカー営業が楽だという情報を得て、気になって調べているのではないでしょうか?

そういった方には、この記事を読んで頂くことで、

・メーカー営業が自分にとって楽なのかイメージがつく

・メーカー営業でも楽ではない場合が分かる

・メーカー営業でも避けるべき会社が分かる

といったメリットがあります。

なお私自身がメーカーとして営業職を4年以上続けてきて感じた点をご紹介していくので、ある程度信憑性はあると思います。

楽なポイント

私は社会人になってから、販売職と商社の営業も経験していますが、メーカーの営業はぶっちゃけ言って一番楽だと感じています。

具体的に、どのような点で楽と感じるかと言うと、

  • ノルマが低かったり
  • 商品の数が少なかったり
  • 残業が少なかったり
  • 休日が多かったり

といった点になります。

そして、これらの特徴をそれぞれ具体的に解説していこうと思います。

ノルマが低い

メーカーの営業は、商社の営業と比較するとノルマに厳しくない会社が多いです。

理由としては、

  • 売れる品目は自社品だけ
  • 営業力より商品力・ブランド力のほうが大切
  • 代理店や小売店に販売を委託しているケースがある

といったためです。

そのためメーカーの営業のノルマは、会社として最低限維持して欲しい水準の場合が多く、前年度比105%前後といった場合が一般的です。

そして、この目標の数値が達成できなかったとしても、

  • 売上が下がった原因をきちんと把握していて説明し
  • 今後の対策や、他の売上見込を説明する

ことができれば、

上司
上司

そうかそうか、君も災難だな、引き続き頑張ってくれよ

と、むしろ労いの言葉までもらえるケースもあります。

こうしたノルマにユルいという点は、精神的に安定して働けるためメーカー営業の魅力の大きな1つだと言えます。

取り扱う商品数が少ない

メーカーの営業は基本的に自社の商品か、その関連品ぐらいしか販売しないため商社の営業と比較すると覚える商品数が少なくて済みます

また、この自社品しか扱わないメーカー営業の特性上、顧客からの依頼も商社営業と変わってきます。

メーカー営業への顧客からの依頼の仕方は大きく分けて2通りで、

  • 自社品指定の依頼
  • 用途だけの依頼、他社品の自社相当品の依頼

といった依頼が大半のため、自社品指定はそのまま受注し、用途の依頼の場合はそれに合わせた自社品を選定し、他社品の場合も調べて自社相当品を提案するだけです。

そしてもし仮に、用途に合う自社品がなかったり、調べてもよく分からなかったら断ればいいだけです。

一方で商社の営業だとこうはいきません。

商社の営業が期待されることは、どんなものでも扱える幅広さのため、自分の知らないものでも調べて意地でも取り寄せないといけないことが多く、知らない品目でも逃げられない事が多いです。

そのためメーカー営業は、この点でも楽な環境になりやすいです。

残業が少ない・休日が多い

メーカーは、物やサービスを作って販売する会社のため、技術部門や製造部門があります。

そして技術や生産部門が稼働しない時間は、営業がどう頑張ろうと物やサービスが動かないため、夜や休日の問い合わせが少ないです。

またブランド力や商品力があり業界の首位を占める会社だと、強気の姿勢になれるため休日や時間外には応じない会社も多いです。

加えて、そもそもエンドユーザーとの間に代理店や小売会社を挟んでいる会社の場合だと、休日対応や時間外対応は小売や代理店の会社が対応してくれるため、メーカーは対応しなくてよくなる場合もあります。

こういった理由で、メーカーの営業職は休日が多かったり残業が少ない事が多いです。

楽ではない場合

ここまでメーカー営業の楽な点をご紹介してきましたが、当然すべてのメーカー営業が楽なわけではありません。

中にはハードモードになっているメーカー営業もあり、例を挙げると

  • 単価が安い商材がメイン
  • 顧客の数が多い
  • 業界の川下に位置するメーカー
  • 顧客が一般人

といった会社があります。

そのためこれらの特徴についても詳しく紹介していきます。

単価が安い商材がメイン

単価が安い商材を扱う会社の場合、数を売らないといけないため、作業量が増えがちです。

例を挙げると、1万円の売上を上げるために

  • 1万円の商材を1回売る
  • 100円の商材を100個売る

だと、1万円の商材のほうが楽だと言うことがイメージしやすいと思います。

またたくさん商品を売らないといけないということは、出荷や処理の回数が増えるため、納品ミスや出荷間違いなどが起きやすくなり、その分営業が謝ることにも繋がりやすいです。

そのため、単価が高い商品がメインのメーカーの方がユルい環境であることが多いです。

顧客数が多い

ノルマが低い会社だとしても、担当の顧客数が多い営業だと大変です。

担当顧客が多いと、

  • 問い合わせが多くなる
  • 覚えないといけない人が多い
  • モンスター客が混ざっている可能性が上がる

といった具合に、忙しくなります。

社内でしっかりしたサポート体制が構築されていれば、ぬくぬくした環境にいれますが、丸投げに近い状態だと地獄を見るため、しっかりと確認する必要があります。

なお担当の顧客数が多くなりがちな会社の特徴として、

  • エンドユーザー直接営業と、代理店制営業の中間の業態
  • 業界の市場規模が縮小していて営業を増やしたくない

といった会社であることが多いので、これらに当てはまる会社の場合は、要注意です。

下流に位置するメーカー

業界には上流と下流があり、メーカーと言っても下流に位置するメーカーのほうが、手間暇がかかる場合が多いです。

洗浄剤メーカーの例を挙げると、洗浄剤メーカーは化学業界となり、

  1. 無機薬品を生成するメーカー
  2. 無機薬品を使って活性剤を精製するメーカー
  3. 活性剤を混ぜて洗浄剤を作るメーカー

と、大きく分けて上記の構図となり、1に近いほど上流となり、3に近いほど下流になります。

下流に近いとなにが大変かと言うと、いろいろなメーカーから仕入れたもので商品を製造するため、

  • 仕入れ品が欠品、値上がりする
  • 仕入れ品に問題があれば、自社品も巻き添えを食らう
  • 仕入先への依存度が高い

といったデメリットがあり、メーカーなのに商社と同じようなデメリットを被ることになるため、上流に位置する会社のほうが、専門的な技術力があり参入障壁が高くぬくぬくできる場合が多いです。

お客が一般人

サラリーマン
サラリーマン

これは知ってるよ、企業選びならB to Bでしょ

という人も多いと思いますが、B to B企業に行けば大丈夫と安心するのは早いです。

B to B企業でも、得意先が個人商店や零細企業のような、ほとんど一般人と変わらない会社の場合は、一般人相手と同じように苦労します。

このような零細企業や、個人商店が得意先に多い会社の特徴として、

  • 商品のターゲット層がニッチ過ぎる
  • 開発力がなく、大手には相手にされない
  • 業界の規模が小さく、大手企業が参入しない

といった例があります。

こういった零細企業が相手だと、

  • 納期を無視した無茶苦茶な要求をされる
  • 支払いが頻繁に遅れて、催促すると怒られる
  • 税金対策のためにグレーな請求書を作成させられる
  • マナーがなく高圧的な人が多い

といった具合で、苦労することになり、これらの対応を一手に営業が受け持つ事になるとストレスで発狂します。

そのため、こういった会社を避けるために、得意先にどういった会社が多いのか調べておくのもオススメです。

まとめ:メーカー営業は楽だけど、危険な会社もある

結論として、

  • 営業に疲れたから、ぬくぬくできる営業がしたい
  • 数字にばかり追われず仕事をしたい
  • ライフバランスを重要視した生活がしたい

といった方は、メーカー営業はオススメです。

しかしノルマが低くても、つらい環境の会社もあるため上記で説明したような、

  • 商品単価が安い
  • 顧客数が多い
  • 業界の下流に位置している
  • お客が一般人

といった会社は避けるようにしましょう。

毎日すこしずつでも行動をして、生活を豊かにしていきましょう!

では、また!