人を避けない人・ぶつかってくる人の心理 【対策あり】

どうも、コモダ(@ComoDaash)です!

人混みや町中を歩いていると、

  • こちらに気づいているのに避けずに突き進んできたり
  • 集団が横並びで歩いてきたり
  • 走ってきてぶつかって過ぎ去る

といった人がいてむかつきますよね。

こんな事にイラついている方向けに、こういった類の人の心理を紐解き、その対策をご紹介していきます。

道を譲らない人の心理

自分を誇示したい

この心理は若い男性などに多く、相手が自分を避けるという、人を自分の意のままに操っている感覚を得る事で、

  • 自分は偉いんだと勘違いしている
  • ヘコヘコしない自分に心酔している
  • 自分は特別な存在なんだと思いたい

といった具合で、自分の特別さを誇示したいがために、周囲の人に迷惑をかける事で自分の偉さを噛みしめる迷惑なタイプです。

この心理の人はぶつかると喧嘩になりやすく、関わらないに越したことはありません。

マナーが欠如している

人を避けない人の多くは、この理由とその他の要因が重なりあっています。

マナーが欠如している人は、

  • 世の中のマナーや最低限の常識を把握していない
  • 人の気持を理解できない・しようとしない
  • 自分が中心でしか考えられない

といった思考のため、たとえいろいろな理由があっても、普通は無意識に対向者を避けるものですが、そういった常識が欠如しているのが、ぶつかってくる人です。

※私の体験談

コモダ
コモダ

私自身、気の良い少しヤンチャな友人と歩いていて、この事を実感しました。

この友人は、歩道のない道で車が正面から来ても道路の端によらずに、そのまま歩いていました。

そのため私はなぜ避けないのか聞いたところ、

友人A
友人A

え、ああ全く気にしてなかったわ

と返事が来て、なるほど、避けることが純粋に概念にないのだな、と思った事がありました。

こういった具合で、そもそも一般常識が欠如しており、そこに他の要因が交わってぶつかってくるような事になります。

仲間外れになる恐怖心

これは集団で横並びで歩いている人の心理になります。

横並びで歩いていて道を譲らない人の心理として、道を譲るためにの集団の後ろや前を歩くことで会話から外れたくないと思っている可能性があります。

これは会話の中心ではなかったり、自分に自信がない人に起こります。

そのためこういった人は、正面から人が来ているのに横並びを崩せずに歩き続けます。

精神的に追い詰められている

  • きつい社会人生活に鬱憤がたまっている
  • 遅刻していて焦っている
  • フラれた、離婚した
  • 大切な人やペットが死んだ
  • トイレに行きたくてヤバい

といった理由で、生活が荒んでいて心に余裕が無くなり、投げやりになっている人です。

たとえ心に余裕がないからといって、何をしてもいいわけではなく、人に迷惑をかけると周囲の人もネガティブな気持ちになるのでよくありませんよね。

自分の後ろの人を避けようとしていた

少し想像しづらいと思いますので、図解で解説します。

自分の後ろってあまり見ないため、密かにこういった状況になっている場合があります。

この場合、諸悪の根源は自分の後ろを歩かない歩行者Bになります。

ですので一見まともそうに見える人が、スレスレで歩き去っていった場合は、この状況もありえます。

どっちが避ける?現象に見切りをつけた

正面から人が来た場合、右に避けるか、左に避けるか、はたまた真っ直ぐか、と迷う現象に自分なりに無理やり答えを出し、自分は常に直進していれば相手が避けてくれると、決め込んだ人です。

この心理の人には、目的地までの最短ルートしか見えておらず、その道中の人々は自分が近づけば道を開けてくれる障害物と思っており、頭の中では人混みでの海の道がイメージされています。

対策

ここまで、道を譲らない人の心理を解説してきました。

次に、こういった人に対する対策をご紹介していきます。

突き進む:集団の場合

正確には、歩道側や壁側を突き進みます

集団が横並びで歩いてくる際、苛立つ一番の原因は、こちらがわざわざ車道側などに避けていかないといけないことです。

そのため、横並び集団の壁側や歩道側を突っ切るのも手です。

自分のスタンスとしては、道路側ではなく壁側の方へ移動した、という感覚なので特に気を負う必要もなくなります。

ただし集団でいる人間は、集団心理で強気になっているため、わざとぶつかってきてトラブルになる事例もありえるので、突き進む場合はぶつからないように気をつけましょう

突き進む:気づかないフリをする

どうしても直進してくる相手を懲らしめたいけどトラブルにはなりたくない、という方向けの方法です。

あまり良くないですが、

  • 考え事をしながら歩いている
  • 歩きスマホ
  • カバンの中の捜し物をしている

といった、ながら歩きをしていて前に気がいっていないフリをして歩く方法です。

ここで大切なのは、ちらっと相手を一度見て相手の存在に気づいた上でこちら側に避けている、というスタンスを相手に分からせることです。

相手を一度も見ないと、逆に、ながら歩きをしている人を懲らしめてやろうとぶつかりにくる人がいるので注意です。

この方法だと、大抵の人は避けます。

しかし、これでもどかないような人は自分が地球上最強だと思っている可能性があるため、おとなしく直前で避けたほうが良いです。

立ち止まってよそ見する

ながら歩きには抵抗がある、という方には、立ち止まってよそ見をする、という手段もあります。

  • カバンの中の探しものどうしもて見つからない
  • スマホのリサーチに夢中になる
  • 考えごとに集中しすぎて空を仰ぐ

といった体を装って、立ち止まり相手を見ないようにしましょう。

この方法だと、明らかに通路や道路の真ん中でなければ、自分に非は一切ないため避けていく人がほとんどです。

関わらない

いろいろと紹介してきましが、結局、変な人には関わらないのが一番です。

こういった輩は、もらい事故や厄災と同じで、出会ったら運が悪かった、と気持ちを切り替えた方が良いです。

罰を与えてやりたくなる気持ちは分かりますが、こういうモラルのない人間は何をしでかすか予測不能なため、懲らしめようとすれば逆ギレされる可能性があります。

そして、そんな負の世界に引きずり込まれる時間がもったいないので、この類の人間と出会ったら、太陽系の外の生命体と出会ったと思って気持ちを切り替える事をおすすめします。

もしトラブルになったら

それでも、万が一トラブルになった場合の対策だけ考えておきます。

まず二人だけの状況はできるだけ作らないようにしましょう。

怪我を負わされた際に周囲に人がいないと助けてくれる人や、目撃者がいなくなります。

そのため、

  • 夜道なら、人通りの多い道へ移動する
  • 警察を呼ぶ
  • 駅なら駅員を呼ぶ、駅員のところへ行く

といった対策をしましょう。

加えて、ビデオを録画するのも手です。

ビデオを撮ることで、証拠や正確な記録を残せるメリットがあります。

またSNSにさらされるかもしれないと感じることで、それ以上悪いことをしてこなくなる可能性があります。

一方で、逆上してくる可能性もあるので、あくまで手段の一つとして検討しておきましょう。

まとめ

人にぶつかってくるような輩はむかつきますが、関わらないのが一番です。

モラルがなかったり理不尽な人間は、意識しだすと際限なく現れるので、次からの対策だけ講じて、ネガティブな出来事はさっさと忘れて、ポジティブな人や出来事とできるだけ関わるようにしていきましょう。

では、また!