敦賀は住みやすい?3ヶ月住んで感じた敦賀の魅力と懸念点をご紹介

どうも、コモダ(@ComoDash)です。

  • 田舎に興味あるけど、敦賀ってどうだろう?
  • 敦賀って住むのにはどうなんだろう?
  • 敦賀に移住を検討している

こんな方向けに、3ヶ月だけですが私が敦賀に住んで分かった魅力や懸念点をご紹介していきます。

なお、3ヶ月ですが一般の方と多く関わる仕事だったため、地元の方と多く交流する機会はありました。

魅力

敦賀のイルミネーション

まずは敦賀に住む上での魅力を語っていきます。

公共施設が豊富

敦賀は原子力発電所があるため、その資金提供を受けて資金があります。

そのため、

まず図書館が充実しており広いです。

そのせいか図書館にいる若者も多く感じられました。

また700円で入浴できる敦賀きらめき温泉リラ・ポート (現在休業中)もあり、これが広くて温泉の種類も多くて楽しいです。

この他にも、赤レンガ倉庫、花火大会、キャンプ場の野坂いこいの森など、敦賀市が提供しているサービスの見どころは多いです。

しかしながら、原子力発電所からの資金をもっと有効活用できそうなので、今後にさらに期待を寄せていきたいところですね。

意外に都心が遠くない

敦賀から京都へ、車で約2時間、名古屋へも車で約2時間です。

また敦賀自体、特急のサンダーバードの停泊駅だったり、建設予定の北陸新幹線も通る予定のようなので、交通面では不便はしないです。

そのため敦賀市内の方に休日の遊び場を聞くと、京都に出向いている方が多かったです。

加えて大型ショッピングセンターのアルプラザがあったり、UNIQLOや大手キャリア3社の店舗もあったりと、田舎レベルでいうと、普通の生活には困らないレベルの田舎でした。

私自身、敦賀で生活していた3ヶ月間は、退屈すること無くいろいろな場所を見て回れました。

ですので、ど田舎は嫌だけど、そこそこの田舎でのんびりしたい、という方に敦賀はうってつけだと思います。

人がおおらか

敦賀に住んでいた3ヶ月間、地域の方と関わる事が多かったですが、おおらかな方が多かった印象でした。

具体例としては、

  • 案内不足で、10~20分ぐらいお店の前で待たせてしまっても文句も言わずに待ってくれる方が多かった
  • あおり運転を全くされない (運転が下手な人と接触しそうになった事はあります)
  • 立ち寄ったお店の店員さんが話しかけてくれる

といった感じです。

実際に仕事で関わったお客さんも、理不尽な事で激怒するような方は比較的少なく感じました。

そのため田舎のおっとりした雰囲気を味わいたいなら、敦賀の雰囲気はぴったりだと感じます。

やっぱり海鮮が有名

敦賀といえば、日本海さかな街で有名な通り、魚介がおいしいです。

さかな市場は、日本海さかな街に限らず、他にもローカルな市場がいくつかあります。

そして、この地場のさかな市場に出向いた同僚が、500円程度で大量に魚をもらえていました。

ですので新鮮な海鮮が毎日食べられるのは良い点だと思いました。

懸念点

敦賀の田園風景

ここまで敦賀の魅力を語ってきましたが、次に敦賀に住むにあたって気になる点を語っていきます。

家賃が高い

田舎の一番のメリットといえば、家賃が安いことですが、なぜか敦賀は家賃が高いです。

そこそこまともな部屋に住もうと思うと、月4~5万円の家賃は出さないといけないため、田舎のメリットを活かせません。

実際にLIFULLで見てみると、4万円以上の物件がほとんどなので驚きます。

この家賃が高い点で、もし田舎生活で生活費を減らすことが目的の一つであれば、敦賀は少し難儀かもしれません。

しかしながら、住宅を購入される方向けに敦賀市が支援制度を設けているようなので、対象であるなら利用する手はないです。

敦賀移住定住サポート

気候がよくない

敦賀は曇りの日が多く、雪も積もります。

晴れの日が少ないと気持ちがどんよりしてくるので、この点は気になるところです。

また冬は雪が積もるため、雪かきをしたり交通網がマヒする可能性もあり、また暖房費が高くなるのも懸念点です。

私は冬の前に敦賀を出てしまいましたが、地域の方によると冬は30センチぐらい雪が積もるのもザラなようでした。

そのため、冬や雪が苦手な方は敦賀の生活は後悔する可能性があります。

知り合いとの遭遇率が高い

田舎は町の小ささから、少し大きな施設に行くと誰か知り合いがいることがほとんどです。

これは誰かと会いたい人には良い点なのですが、近所付き合いなどが面倒な方からするとしんどく感じる場合もあります。

実際、敦賀でもっとも大きなデパートのアルプラザに行くと、知り合いと遭遇しないほうが難しいです。

そして、話をするような仲の人であればいいですが、中途半端な距離感の人であると、話しかけるか気づかないふりをするか迷うので、これが地味にストレスになります。

人口減少の一途

敦賀は、原子力発電所や東洋紡、海外への港として人口が増えた過去があります。

そしてこれらは現在、

  • 原子力発電所は稼働停止中
  • 東洋紡の工場はこれ以上敦賀にできることはない
  • 貿易は太平洋側の方が有名

となっており、人口が減っていく一方であることが予想され、敦賀市の未来について前向きに捉える事が難しいです。

実際、敦賀駅前の商店街はシャッター率が高く、子供がいる場合は、大人になったら都会へ出たがる可能性が高いです。

まとめ

最後にまとめます。

敦賀には、上記で紹介しきれない小さな魅力やその他の懸念点もあるので、ぜひじっくり考えてから決めてみてください。

では、また!