成果を出しているのに評価されない?仕事を頑張っても努力が報われない環境

どうも、コモダです!!

この記事は、

悩める人1
悩める人1

成果を出しているのに評価されていない気がする

悩める人2
悩める人2

評価されてるあの人より、自分の方が結果出しているのにな

といった方向けの記事になります。

頑張って成果を出してもなぜか評価されない、という状況に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

こういった方は自分の努力不足ではなく、頑張っても報われにくい環境が原因となっている可能性があります。

そもそも仕事は

  • 人が人を評価する
  • 全く同じ仕事が存在しない
  • 全員が同じ場所にいない

といった性質上、仕事に対して正当に評価されない人が出てきます。

ですので今回は、頑張っても評価されにくい環境をご紹介していきます。

この状況に当てはまる方は、頑張り続けても評価されない環境に不毛さを感じて疲れ果てるかもしれないため、まずは環境を変える対策をすべきです。

そのための、すべき行動も紹介していくのでご参考ください。

努力が評価されにくい環境

Closeup of a Galápagos tortoise

上から嫌われている

上司から自分が嫌われている、または上司が上から嫌われている場合です。

自分が上司から嫌われている場合は想像しやすいでしょう。

上司も人間のため、嫌いな部下の評価は成果以上にしてくれませんし、成果を出しても

  • 行動規範に問題がある
  • 素行がよくない
  • 協調性がない
  • 攻撃的である

といった、人間性の部分も加味して評価を下げられる可能性もあります。

次に上司が上から嫌われているケースです。

上司の方針が会社と違っていたり、会社の啓蒙会などに参加せず、上司の管理する支店自体がよく思われていない場合です。

そのためたとえ支店として売上を上げても、

  • さらに高いノルマを課せられたり
  • 利益率や一人あたり売上などを見て他の支店の方が評価されたり
  • 売上を上げやすい地域だから

などと、不当な評価をされます。

そして、この不当な評価にムカついて自分も上層部に楯突き、さらに上層部から嫌われ、と負のスパイラルが起きます。

部署が注目されていない

部署の売上規模が小さく、かつ成長が期待できない、いわゆる斜陽産業の部署は、会社から期待されていないため興味も持たれていません

このような部署は、会社からも投資予算を削られる傾向にあり、地味な作業ばかりが中心となりやすいです。

また、このような部署が売上を大幅達成したり、業務削減に成功して大幅な残業時間削減ができたとしても、注目されるのは一時的です。

会社からすると、未来のない小さな部署の売上や生産性上昇より、大きい部署の現状維持の方が大切です。

そのため規模が小さく成長が期待できない部署にいる方は、成果に対して正当な評価がされない可能性があります。

コモダ
コモダ

私の場合、部署売上が過去最高を達成した事がありましたが、他部署の需要がこちら側に流れただけ、と思ったほど評価がされなかったことに驚愕した事があります(売上は他部署の3倍以上あり、その部署分の売上をもらっても達成不可能な数字でした)。

そして、この環境に次の要素も加わると、さらに状況が悪化します。

上長が別の営業所にいる

自分を評価する部長や支店長と、自分が別の営業所にいる場合です。

人はどうしても、あまり会わない部下より、同じ事務所で忙しそうに頑張っている部下の方が、どうしても評価してしまう傾向にあります。

そしてこれに加え、部長や支店長が本社にいて地方に興味がない場合、さらに同じ職場にいない人は不利な評価をされることになります。

上長目線からすると、

部長
部長

あの営業所は売上が上がってるな、その調子でやってくれよ。

となっても、誰が頑張ってるかまでは興味がない状況になります。

周囲が良くない

職場の同僚や先輩、後輩が原因で、全力を発揮できない環境になっているかもしれません。

働く仲間が原因で全力を発揮できないケースとして、

  • サポートがなく、自分で広すぎる業務を対応している
  • 職場の雰囲気が悪く、社内の人間関係を意識して、仕事に集中できない
  • 雑務を頼まれてばかりで、メインの仕事が進まない
  • 新しい取り組みを周囲がやりたがらない

などです。

こうした環境で働いている人は、本業に集中するための最低限の環境が整っていないため、頑張りすぎると、疲れ果ててバーンアウト症候群を起こしてしまう可能性があります。

すべき行動

これらの環境が当てはまった方は、このまま頑張り続けるより、先に環境を変える必要があるかも知れません。

そんな方向けに、次にオススメな行動を原因別に紹介していきます。

上から嫌われている:耐える or 転職する

上から嫌われている場合で、会社に残って耐えるか、転職するか、となります。

会社に残る場合に考えられる希望として

  • 上司が変わるまで待つ
  • 自分は上司の上に嫌われないようにする
  • 営業所や支店の人事異動を希望する

となります。

コモダ
コモダ

上司が変わるまで待つ、というのは運任せな要素が大きいですが、うまくいって大出世している先輩もいます。

3~4年は評価されず苦労されたようですが。。。

会社に残る選択をする場合、意識すべき点は会社に対する嫌悪感を一度排除することです。

会社に楯突き続けても、いつまで経っても評価されませんし、嫌い合ってる者同士が一緒にいてもお互いに不幸です。

そのため会社への嫌悪感を消すことは難しい、と感じる場合は、転職活動をすることをおすすめします。

部署が注目されていない:異動する or 転職する

斜陽産業の部署で成果を出そうと努力しても、思ったようにいかない事が多いです。

理由としては、

  • 市場が縮小気味のため、そもそも成果が出しにくい
  • 期待されていないため、会社からの投資金を受けにくい
  • 成果が出せても、期待の部署よりインパクトに劣る

といったことがあり、頑張っても成果が出ないし、成果を出せてもあまり注目されない、といったことになります。

そのため、こうした部署に所属している場合は、

  • 規模の大きい部署へ異動する
  • 成長が期待できる業界へ転職する
  • スキルが身につく職種へ、社内キャリアチェンジする

といった方法がオススメです。

同じ努力をするのであれば、より評価されやすい環境の方がいいですよね。

上長が別の営業所にいる:本社に行く or 転職する

上長が本社にいる場合、自分も本社に移動するのも手です。

本社が東京の場合は、その後の転職活動で選べる会社も増えるため、キャリアステップの一つとして本社に移動する手段も大いにアリです。

悩める人3
悩める人3

会社のために引っ越すのは、さすがに嫌だな

悩める人4
悩める人4

本社は、当分空くポジションないんだよな

と感じる方は、転職を視野に入れましょう。

転職する場合は、できれば自分の働く場所が営業所以上、支店や本社であるほうが好ましいです。

東京、大阪、名古屋、博多あたりを検討すれば、支店以上の大きさの職場を見つけれます。

周囲がよくない:相談する or 異動する or 転職する

職場の環境が良くない場合、他部署の人や上長に相談してみるのもオススメです。

職場に何回か来た人でも、職場の異常に案外気づいていない事があります。

そのため、一度他部署の人や上長に、問題点を相談してみましょう。

その結果、コンプライアンス強化や、人事異動を提案されるかもしれません。

人事異動に抵抗がない人は、この相談時に自分から異動依頼をしてみることもアリです。

上長や周囲の人が相手にしてくれない、または信頼できる人や相談できる人がいない場合は、転職活動をしてみましょう。

人間関係の問題は、自分ひとりでの解決は難しいため、転職が一番手っ取り早いでしょう。

まとめ

今回、頑張っても評価されない環境で頑張るより、環境を変える努力をするほうが良いというお話をしました。

がんばっても評価されにくい環境としては、

  • 上から嫌われている
  • 部署が注目されていない
  • 上長が別の営業所にいる
  • 周囲がよくない

といった特徴になります。

そしてこの対策として、

  • 上から嫌われている → 耐える or 転職する
  • 部署が注目されていない → 異動 or 転職する
  • 上長が別の営業所にいる → 本社に行く or 転職する
  • 周囲がよくない → 相談 or 異動 or 転職する

となります。

異動や転職しようとすると、すぐ逃げ出すのは良くない、と説教する人が1人は出てきますが、成果が報われやすい環境があるなら、そっちの環境に行くべきです。

そのため、こういった批判の声に惑わされず、よりよい環境を掴んでいきましょう!

では、また!